いかに自然にフエロセンを漂わせるか

フェロモンの出し方を考えてみましょう。
フェロモンはとくに恋のときだけ出すものではありません。日ごろの雰囲気によって自然と出てくるものです。
いざ出会った相手に出そうと思っても、そう簡単には出せないのです。

たとえば今が出すときだと感じてそういう顔をしたり、態度をとったりすれば、ワザとらしいでしょう。
好きな人にだけ笑ったりだといやらしくなります。違和感が周囲にまで伝わりかねません。
もちろん好きな人には笑いかけるだけなく、そういう顔や態度をしないといけないのですが、
いやらしさのない自然なイメージでフェロモンを漂わせるには、日ごろの雰囲気があってこそです。

もっともワザとらしい笑顔や態度にダマされる男もいますが、はたしてそれはあなたの理想のタイプでしょうか?

また「みんなには愛想悪いのに、オレに対してはそうじゃないし、オレの友だちにだけ
笑顔はなぜだ」と思わせる作戦もあります。相手の性格を読んでの使い分けでしょう。
ただしこの作戦を違和感なく使えるのは、かなりな恋愛の上級者です。

フェロモンは日常の雰囲気で育てていくもの

出産してから、母乳どうしても出の悪いときには、痛くないマッサージなどで、補助してもらいましょう。

高年出産をめぐる心配ごと、気になることで、基本的なことをいくつかとりあげてみました。人間は一つのことに不安になると、次から次へと、とめどなく不安が出てくるものです。
初めてのお産に高年出産ということになれば、その心配ごともきりがありません。
しかし、お産に対しては、昔から『案ずるより、産むがやすし』といわれるように、高年出産でも、ほとんどが心配ないものです。

参考: